ウーマン

ぱっちり目元でコンプレックスを解消|目ヂカラを高める手術

理想を目を手に入れる

目元を触る女性

リスクの少ない埋没法とは

その人の第一印象を決めてしまうほど大きな力を持つのが目元です。目が小さい、腫れぼったいなどのコンプレックスを抱え、いつかは整形を受けたいと考えている方は多いでしょう。最近ではメスを使わないプチ整形が、手軽さや安心感から人気を集めています。特に糸を使って二重まぶたにする施術は、多くの人が実際に受けています。二重まぶたの手術は切開法と埋没法に分けられますが、糸を使う方法は埋没法にあたります。まぶたを折り返して溝を作り、見えないように糸で縛って固定する方法です。切開する必要がないので傷跡が残らないこと、施術後の腫れや痛みが小さく治りが早いことがメリットです。手術そのものも10分〜20分ほどで終わるので、長い休みを取る必要もありません。さらに費用が安いことも嬉しいポイントです。埋没法はまぶたの裏側に糸が出るため、目が傷ついたり細菌に感染したりする恐れがあると言われています。しかし丁寧に施術をすれば、感染のリスクは最小限に抑えられます。それより不満が出る可能性が高いのは、思っていたほどパッチリした目元にならなかったというケースです。まぶたの脂肪が分厚かったり、たるみがあったりすると、それほど大きな効果が得られない場合があります。施術の前にカウンセリングを受けて、本当に埋没法で良いのか確かめることが大切です。目元の整形には非常に多くの方法があり、本人の希望や顔全体とのバランスを考えて選ぶ必要があります。たいていの手術は失敗しても修正できるため、それほど深刻に考えることはありません。

どの部分を切開するか

二重手術のうち切開法は、余った皮膚を切除してクッキリした溝を作る方法です。場合によっては脂肪を取り除くこともあります。埋没法のように、糸が切れて後戻りするリスクがなく、確実に二重まぶたにできるのがメリットです。傷跡が残る可能性があるため、縫合技術の高いドクターに施術を受けることが必須といえます。二重にしただけでは、目の印象があまり改善されないこともあります。日本人の目頭には蒙古襞と呼ばれる皮膚の重なりがあり、これが目を小さく見せる原因になっています。蒙古襞を取り除くためには目頭切開を行ないます。襞に隠れていた部分を出すことで、目を大きく見せることができ、西洋人のように鼻筋の通った印象の顔に変える効果が期待できます。二重手術と併用することで、末広型の二重を平行型の二重にすることも可能です。目頭切開にもZ法やリドレープ法など、いくつかの方法があります。最も頻繁に使われているZ法は、傷跡が残りにくく、切りすぎたとき元に戻すことも比較的容易です。目頭切開は切りすぎるとピンク色の部分が目立ち、不自然な印象になってしまうため、医師の技術やセンスが要求される手術です。一般に日本では二重手術や目頭切開に人気がありますが、切れ長のクールな目元にしたい場合には、目尻を切開する方法もあります。特に寄り目がちの方は、目頭切開をするとさらに目が寄ってしまいますが、目尻を切開すればバランスの取れた顔にすることができます。目元の整形は個人差に合わせて、オーダーメイドで行なうことが最も重要です。