ウーマン

ぱっちり目元でコンプレックスを解消|目ヂカラを高める手術

しなやかに安全に美しく

男性医師

二重瞼だけじゃない

いつの世にもパッチリとして大きな目元は、顔の印象を決める大切な要素です。細くて腫れぼったい瞼をどうにかしたいと悩むのは、あなた一人ではありません。そんな目元の整形というと、すぐに二重術を思い浮かべる方も多いことでしょう。確かに、一重から二重になるだけで、受けるイメージはガラリと変わります。しかし、ここで気をつけたいのがどのような目元にしたいのか、という点です。同じ二重術でも本来の瞼の状態となりたい二重によっては、二重術だけでは不可能な場合があるのです。例えば、目頭の辺りにしっかりと蒙古ひだが被さってしまっている方の場合には、クッキリとした二重を実現するためには目頭切開の手術も同時に受ける必要があります。しかし、目が寄ったタイプの顔立ちの方が目頭切開を受けると、返って寄り目が強調されてしまうこともあるのです。また、瞼全体がたるんでいる、目を明ける力が少ないという方は、二重術もさることながら眼瞼下垂術が大きな効果を発揮してくれます。眼瞼下垂術を受けることで、瞼全体が持ち上がりますので、目元がスッキリと見えるようになるのです。このように、目元の整形というとすぐに「二重」に飛びついてしまいそうですが、整形にはたくさんの施術があり、それを上手く組み合わせることでより自分の理想の目元に近づくことができるのです。そのためにも、医師とカウンセリングする時には施術法にこだわらず、まずは自分の希望する目元をしっかりと話しましょう。そして、それを実現するためにはどのような施術を受けるべきかを、一緒に検討しましょう。あなたの目元を魅力的に変えてくれる施術は、一つではありません。

とれにくさと手軽さの共存

数ある目元の整形の中で、やはり何と言っても多くの方からの支持を集めているのは、メスを使用しない埋没法の二重術です。最近は費用がごくリーズナブルなものや、よりダウンタイムや施術時間の短いものが登場して、ますます身近になりました。埋没法の二重術の特徴は、いかにも手術しましたという感じではなく、自然な仕上がりになることと、その手軽さです。腫れも少なく、やり直しができるという安心感もあります。反面、メスを使用する切開法と異なり元に戻ってしまうことがある、瞼の状態によっては作れる二重の形状が限られてしまう、ということがありました。しかし、最近ではいずれのクリニックでもオリジナルな施術法を開発するなどして、埋没法の様相が変化してきています。例えば、あるクリニックでは糸の形状や細さを工夫することで、腫れの症状を抑えよりしっかりと二重のラインを形成できるようにしています。また、縫合の方法を開発して、よりとれにくい埋没法を実践しているクリニックもあります。こうした進化をうけ、より自然で美しい目元を実現する人たちが、どんどん増えていると言えるでしょう。もう、「二重にはしたいけれど、整形は恐い」という時代ではなくなったのです。これからは「二重にはしたいけれど、どんな二重にするべきか考えている」という時代でしょう。その大きな原動力の一つとなっているのが、進化した埋没法ではないでしょうか。お化粧をするように、エステに行くように、安心して自然に整形手術を受けられる、そんな日が来るのも近いことでしょう。