ウーマン

ぱっちり目元でコンプレックスを解消|目ヂカラを高める手術

目の周りを印象づけよう

鏡を見るレディー

施術にも様々な方法がある

人と初めて会った時に、印象に残るのが目元です。目元は、会話をする時に必ずお互いに見る場所であり、相手の感情や雰囲気を知る大事な所です。しかし、日本人の多くに、一重まぶたや腫れぼったいまぶたの人がいます。一重まぶたや重たいまぶたは、暗くて怖い印象を持たれることも少なくありません。そのため、最近は整形に踏み切る人が徐々に増えてきています。目元の整形は、比較的短時間で行うことができます。そのため、若い人の間でも興味を持っている人がたくさんいます。なお、目元の整形には色々な方法があります。方法の選択の仕方によって、目の印象はだいぶ変わってきます。そのため、目の整形を考えている人は、予めどういう方法があるかを知っておくことが大切です。自分の思い描いている目元にしたい場合は、医者任せにせず、ある程度の情報を集めておくと失敗しません。例えば、プチ整形程度の簡単な方法で良いという人は、埋没法があります。埋没法は、メスを入れずに二重を作るので、痕が残らないのが特徴です。また、まぶたが重たい人には、切開法があります。まぶたの中の脂肪を取り除いて重さを無くし、パッチリとした二重を実現することができます。二重の整形以外にも色々あります。両目が離れている人は、目頭切開の方法があります。また、女性らしく可愛い印象を与えるために、涙袋を大きくする方法もあります。このように、目元の整形といっても色々な場所や施術方法があります。施術によって費用も異なってくるので、予め知っておくと便利です。

アフターケアを重視

目元の整形に限らず、他の体の部位を施術する場合は、病院のアフターケアを確認しておく必要があります。体の大事な部分にメスを入れるということは、それなりのリスクが生じます。例えば、施術に成功したものの、短期間で元の形に戻ってしまったこともあります。また、埋め込む医療部品がズレたり、いびつな状態になってしまったというトラブルも少なくありません。施術のほとんどは、メスを入れる施術です。そのため、完全に元の形に戻すということは、とても難しいことです。また、病気の治療というわけでもないので、保険が適用されない施術が多いです。このような様々なトラブルに備えて、病院側のアフターケアがどういうものなのか、確認するべきです。例えば、施術後何年以内の人が対象なのか、また金銭的な補償があるかなどです。再手術となると、再び体に負担がかかることになります。その点でのリスクは無いかなどの相談窓口があるかについても、知っておくことが大切です。整形が身近に感じられるようになり、現在は美容外科の数が増加傾向にあります。何十年もの経験と実績があるクリニックもあれば、出来たばかりの綺麗な雰囲気が売りのクリニックもあります。クリニックの主治医によって、得意分野がある場合もあります。もし整形をしたい時は、対象となる部位について数多くの施術実績のある所に行くのが良いです。技術だけでなく、センスも必要になる施術はたくさんあります。総合的に見て、自分が一番良いと感じたクリニックを選ぶことが大切です。